オールインワンゲル必勝法とおすすめサイト TOP > 未分類 > 引越しする物件の契約について

引越しする物件の契約について

希望する条件に近い物件が見つかり、そこに住みたいと思ったら、契約をすることになります。
物件を契約するにあたっては、下見をしっかりとして十分に納得したうえで契約をするようにしてください。
物件を契約するにあたっては、住民票、印鑑、源泉徴収票や住民税課税証明書など所得を証明する書類が必要ですので、準備をしておきます。
なお、必要書類に関しては、不動産屋から指示があります。
通常は契約を決めてから必要になるのですが、下見した段階で、他の方に取られたくないという物件を見つけたら、手付金を支払っておくと良いでしょう。
手付金は、自分が必ず契約するので、他の方に紹介しないように依頼するための費用です。
物件を契約するにあたって必要な費用は、敷金、礼金、仲介手数料、共益費、家賃ですが、近年は礼金なしの物件も増えてきています。
不動産会社を介して物件を契約する場合、不動産業者に仲介手数料を支払わなければなりませんが、その費用は家賃の0.5か月分~1か月分が一般的となっています。
共益費は、集合住宅などで複数の住人が住む物件で必要な費用で、通路など公共スペースの清掃や共用灯に使われます。
共益費は物件によって金額が異なりますが、2~5千円が相場となっています。

共益費のことはあまり気にしない方が多いのですが、この点もしっかり確認しておくようにしましょう。
また、家賃が前払いであるか、後払いになるかについても、物件により異なってきます。
物件の契約にまつわるトラブルも多くなっていますので、トラブルを避けるためにも契約書類をよく確認するようにしましょう。